Mac Catalina 以降で対応できなくなったプリンターをOSSのドライバを使って使えるようにした話(Canon MP600のケース)

サポート切れのプリンターから印刷をしたいという事情が当然ある。

たまにとりあえず印刷できればいい、という人たちもたくさんいて、そうするとドライバが対応できない。

私のケースだとプリンターはCanon MP600。発売したのは2006年ということで、2020年現在、実に14年の歳月がたっている。

当方はmacを20年近く使っているわけだが、Mojaveまでは使えていた。

しかし、今は使えない。不便である。。。

解決策はGutenPrint を導入すること

ここから導入したらなんとか動くようになった。

ということで、OSSで使えるものを探して導入した。印刷をとりあえずすることはできるけど、細かい設定はできない。まぁ、いいかと。

1

http://gimp-print.sourceforge.net/MacOSX.php

以外とパソコンはすぐだめになるのにプリンターは長持ちしててすごいなぁとか思った。

とりあえず導入したおかげで印刷できてます。もう3年ぐらい頑張ってほしい。

123333

スポンサーリンク
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加