国立演芸場で落語をみる

国立演芸場に行ってきた。

そもそも寄席とか馴染みのある方は少ないのではないでしょうか。

一般の方は2100円。学割をきかせると1500円。

こんなところで放送大学の学割がきくとは思わなかった。

以外と若い子たちが多い。オジサマ、オバサマはもちろん多いですが。

インターネット予約

ネット予約もできる。ただし一般に限る。

電話予約をして現地で購入するパターンと、とりあえず行ってその場で購入するパターンが考えられる。

予約が確実っぽいけど、どうなんでしょう。

けっこうその場で買ってる人もいた。

開場までしばし時間があるので、一階のスペースで待つ。

開場の時間になると二階へ進む

二階には休憩することもできるスペースがあって、

おじさま、おばさまがランチを食べたりしてる。

売店(お土産も売ってる)には、簡単なお弁当も売っている。

正直落語はよくわからんのですが、柳家はん治が個人的に特にツボだった。

http://rakugo-kyokai.jp/variety-entertainer/member_detail.php?uid=101

落語に縁のない自分でも楽しめました。

1

HPはこちら

http://www.ntj.jac.go.jp/engei.html

スポンサーリンク
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加